「旅する韓国、暮らす韓国」再始動します

2018年の12月に初めて開催した「旅する韓国、暮らす韓国」のPOPUPイベントも今回で4回目。12/5.6の2日間、東京で開催します。本当は今年は東京、大阪、福岡の3都市で計画していたのですが、コロナの影響ですべてできなくなり、気がつけばもう11月。イベントは人が集まるので自粛してきたのですが、他もだんだんとイベントごとを始めていることもあって、私達もそろそろ再始動しようということになりました。(それに韓国に行きたすぎるからという理由もある)韓国の物に囲まれて、旅行に行けなくてやりきれない気持ちが少しでも軽くなればいいなという思いもあり。

早速POPUPに向けて、現地でのものづくりや買い付けを再開しました。POPUPではオリジナルのものも少し準備しようと思い、コロナ以降、特に自分がよく使うようになった巾着やハンカチ、それにピローケースやクッションカバーのサンプル制作をしています。(写真は工場での1枚)イベントまでに間に合いますように。。

家で過ごす時間が増えたこともあって家の中で使うものの手触りとか使い心地に対して以前より気にするようになりました。特に部屋着やベッドリネンやクッション類。器も使う頻度が上がったので、今まで集めてきて登場頻度が少なかった器も使うようになって、楽しみが広がっています。それに花瓶。格段に花を飾る頻度が高くなりました。ひなぎくではガラスの花瓶を少し扱っていただけなので、今お店でも色々な花瓶を集めています。ガラス、磁器、陶器の、大きさもデザインも様々なものを揃えているので、近いうちにネットショップでも紹介します。

韓国での買付け話に戻りますが、去年までは現地に行って買付けをしていたのですが、今年は渡韓できないので現地スタッフのサリちゃんに市場や工場に行ってもらい、その場でLINEでやり取りしながら買い付けるものを決めたり、工場で指示を出したりしています。本当にLINEがある今の時代でよかった。。国外に出られなくなることが人生の中で訪れるなんて思ってもいなかったので、それが今の時代であることに感謝しながら、今の制限の中でもお店の運営を楽しんでいけたら。でも日本にいながら買付け自体はある程度はできるんです。元々南米やヨーロッパなどからの仕入れはすべてメールでやり取りして輸入してきたので。ただ、旅をしながらその土地の空気を感じながら買い付けてきたものには特に格別な愛着があり、実際に自分の目と手で確かめて買い付けてきているのでその物に対する安心感も絶対的にあります。日本にいながら世界中のものを集められる今の時代に感謝をしつつも、また渡航が再開されたら必ず旅に出たいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading cart ⌛️ ...