海外での年越し

139.735361 Tokyo

新年の挨拶もきちんとできないままもう今月も半分過ぎてしまいました、、。

神楽坂の実店舗も11日から営業を始めました。年始から常連さんや初めていらっしゃる方もたくさん来てくださってありがとうございます!

年末年始は女友達と3人でソウルで年越しからの福岡でのオタ活始めをしましたw

前回のブログで登場した北京に住むかおちゃんと、東京からもうひとりのオタ活友達と一緒にソウルで待ち合わせ。海外のライブに行くときはいつも現地集合現地解散です。韓国は旧暦なので、西暦の年末年始は日本で言えばクリスマスくらいの休日感覚。お休みになるのは元旦くらいだし、観光地は元旦も普通に営業しているところが多いです。なので私も年末ギリギリの30日に工場や市場で商談や打ち合わせや発注などの仕事をしてきましたw

今回の年越しのテーマはオタ活!ソウルで年越しをするのはこれで二度目だけど、女友達と年越しするのは初めて。6泊もソウルにいることも久しぶりでした。今回は長い滞在になるので半分ずつ漢江の北側と南側で滞在先を分け、前半は益善洞の入口目の前にあるMaker’s Hotel。コスパ優先で二段ベッドのある3人部屋。後半は江南側、SMエンタオタ(わからない方すみません)の聖地、COEXの目と鼻の先にあるAirbnbを借りました。長めの滞在ならAirbnbやレジデンスタイプのホテルにするとキッチンや洗濯機がついていてオススメです。

ソウルは東京の比較にならないほど手頃な価格のデザインホテルやAirbnbがたくさんあるので、買付けの時以外は毎回泊まる場所を変えています。(買付け時は常宿があるのでそれはまた追々) 素敵なホテルを探すのも旅の楽しみのひとつです。それと、ソウルは山手線的な2号線を1周するのに山手線の倍くらいの時間がかかるので意外と広いんです。2泊程度の短い旅行の時は今回は漢江の北側、次回は南側、みたいにエリアを絞った方が効率よくまわれます。意外と移動時間がかかるので、その方がそのエリアをより深く楽しめるんじゃないかなーと。

最近はLCCのセールで1000円くらいの格安チケットが売り出されることもあるので、毎月ソウルに飛ぶことだって可能です。日帰り旅行感覚でサクッと行くのもオススメですよ(実際日帰り旅もしたことあります。死にそうになるのでオススメできないけど)

長くなったのでまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading cart ⌛️ ...